HOME » 知っておきたい債務整理手続きのポイント » 債務整理をした後の生活はどうなる?

債務整理をした後の生活はどうなる?

債務整理をした後の生活について、知っておきたいことをまとめました。

債務整理後の生活で注意すべきこと

家族のイメージ画像

債務整理の手続きをすると、借金の負担は軽くなります。

しかし、どのような事情があるにせよ、同意して行った取引の内容をこちらから変更するわけですから、それなりのペナルティがあります。

過払い金請求など、申し立てる側に落ち度がない場合は別ですが、一般的に債務整理の手続きをすると、その後の生活には以下のような制限が課せられます。

信用情報にキズが付く(借り入れができなくなる)

信用情報というのは、その人が今まで借りたお金を正しく返せてきたかどうか、ということをまとめている情報のことです。

この情報は、銀行やクレジットカード会社をはじめ、金融関係の会社ならばどこでも確かめることができます。つまり、債務整理の手続きをすると、金融会社からの信用を失ってしまうわけです。

信用情報の履歴は5~10年残るため、短くとも5年間は、新規の借り入れができなくなります。

クレジットカードが作れなくなる

借り入れができないのと同じ理由で、クレジットカードも作ることができなくなります。

また、クレジットカードのキャッシング枠を使っている場合、債務整理を開始するとそのカードはカード会社に返却しなければなりません。

債務整理を選択する人は、手持ちの全カードでキャッシングを利用していることが多いため、手続きの後はクレジットカードが使えない生活を送ることになります。

ローンを組めなくなる

こちらも信用情報の問題で、債務整理後はローンを組むことができなくなります。

不動産や車などの高額な商品が買えなくなるわけではありませんが、支払いは現金一括払いで行う必要があります。

債務整理後も生活は大きく変わらない

このように、債務整理を行ったからといって、極端に不自由を強いられるわけではありません。

金融が関係するサービスには注意しなければいけませんが、借金のストレスが軽減することに比べれば、大きな負担ではないでしょう。

社会的な信用を失うリスクもゼロではありませんが、しかるべきところ(弁護士事務所や司法書士事務所)に相談すれば、そういった面も含めてしっかりサポートしてくれるはずです。

債務整理を検討しているなら、まずは専門家に相談してみることをおすすめします。

債務整理に強い法律事務所は?【名古屋編】