債務整理のメリット・デメリットをご紹介

債務整理をすれば借金が軽くなる、なくなると考えるとメリットばかりが目立ちますよね。ですが、メリットしかないのであればもっと多くの方が選択しているはずです。ここでは債務整理を検討する前に知っておかなければならないデメリットも含めてご紹介しましょう。

債務整理のメリット

借金が減る・なくなる

これが最大のメリットです。これまで借金のことしか考えられなかった方も新たな人生を歩むための第一歩になるでしょう。

債務整理の方法によっては借金をゼロにできないものもありますが、それでも将来利息が免除されたり、大幅に借金を減らせる可能性があります。

取り立てがストップする

支払いを滞納している会社から毎日のように行われている取り立てにノイローゼ気味になっている方もいるはず。しかし、債務整理を開始して弁護士に依頼し、それが業者に伝えられた時点で催促はストップします。

毎日取り立てのことばかりを考えて眠れずにいた方もよく眠れるようになるでしょう。

任意の借金のみ整理することも可能

債務整理の中でも任意整理を選択すれば一部の債権者だけ整理するといった選択肢も用意されています。

債務整理のデメリット

ブラックリストに載る

実際にブラックリストと呼ばれるリストがあるわけではないのですが、債務整理をするとその情報が事故情報として信用情報機関に登録されてしまうため、新たな借り入れなどができなくなります。

債務整理の中でもどの方法を選択するのかによってブラックリストの情報が削除されるまでの期間は異なるのですが、短いものでも5年、自己破産などを選択した場合には10年ほど新規にクレジットカードを作ったりローンを組むことができなくなってしまいます。

特にお金を借りるのがくせになっていた方などは新たな借り入れができず、辛い思いをすることもあるでしょう。

債務整理したことがバレてしまう場合もある

債務整理の中でも任意整理などを選択すれば周りに知られるようなことはなく、こっそり借金を整理できます。しかし、任意整理は収入がなければ選択できないため、自己破産などの選択肢しか残されていないケースもあるでしょう。

債務整理の方法として自己破産や個人再生を選択した場合には官報に掲載されてしまうため、周囲にばれてしまう可能性もあります。

費用がかかる

お金がないからこそ債務整理をするわけですが、債務整理の方法の中には自分で手続きや交渉を行うことが難しく、弁護士を雇わなければならないものもあります。そういった方法を選択した際には弁護士費用がかかるのもデメリットです。

債務整理問題に強い名古屋の法律・弁護士事務所を
一覧で紹介しています

保証人に迷惑をかける

債務整理の方法の中には保証人がついているものだけ整理をせずに引き続き返済していく選択肢もありますが、自己破産などはそういった選別ができず、保証人に大きな迷惑をかけることになります。

これにより保証人になってもらっていた親族や友人との縁が切れてしまう可能性も考えておきましょう。

必ずしも借金が減るとは限らない

過払い金を期待して債務整理をする方もいますが、そもそもそれほど過払い金が発生していないケースも多いです。このようなケースでは債務整理をしたという事故情報が残ってブラックリストには載るものの、借金自体は減らないようなケースもあります。

過払い金請求をする際には請求するのが本当にお得なのかどうかも考えてみましょう。

あまりにも借金が膨らみすぎてしまった場合、いくら頑張って働いて稼いだとしても返済が間に合わず、どうしようもない状態になってしまうこともあります。このようなケースでは思い切って債務整理をした方がメリットが大きいといえるでしょう。

しかし、債務整理はメリットだけではありません。返済が苦しくなったら債務整理すればいいや、と軽く考えられるものではないのです。具体的にどのようなメリット・デメリットがあるのかについてご紹介しましょう。

債務整理に強い法律事務所は?【名古屋編】