HOME » 知っておきたい債務整理手続きのポイント » 司法書士と弁護士の違い

司法書士と弁護士の違い

債務整理ができるのは、司法書士と弁護士です。それでは、それら2つの間にはどのような違いがあるのでしょうか。

司法書士と弁護士の違い

一般的に、司法書士よりも弁護士の方が、対応できる案件の幅が広いとされています。これは、債務整理でも変わりません。以下に、手続きごとの大まかな業務の違いをまとめてみましたので、参考にしてみてください。

自己破産/個人再生

司法書士に対応してもらえるのは、自己破産・個人再生の申立書の作成や、必要書類の準備といった、法律手続きのサポートです。法律絡みの手続きは、何の知識もない状態で個人が簡単にできるものではありません。そのため、法律の専門家である司法書士に手伝ってもらうというわけです。

一方で弁護士は、書類の作成・提出はもちろん、裁判官との面談にも同席するなど、本人の代理人として動いてくれます。例えば会社が倒産したとき、社員への対応や取引先との折衝など、細々した手続きを丸ごと任せることが可能です。

任意整理

任意整理の場合は、債権額が140万円以下の案件なら、司法書士であっても手続きを依頼することができます。140万円、というのは総額ではなく、各債権単位の制限です。例えば、A社に80万円、B社に70万円の債務があるような場合は、司法書士でも代理人として対応してもらうことができます。

一方で弁護士にはこういった金額の制限はなく、あらゆるケースに対応してもらうことができます。法律問題に関しては、弁護士は最強の権限を持っていると言えるでしょう。

債務整理を考えるなら弁護士がおすすめ

金銭の絡む問題では、デリケートな対応が必要になることも少なくありません。そのため、フットワークが軽く、強い権限を持っている弁護士にまず頼るのが、無難な選択です。

司法書士も、債務整理にかんする業務を行っており、さまざまな相談に乗ってもらうことができます。しかし、基本的に書類作成代理業務が主となるため、いざ問題がこじれたときに困難な状況に陥る可能性も考えられます。

まずは弁護士に相談し、その上で今後の方針を考えるのが得策です。

債務整理に強い法律事務所は?【名古屋編】