HOME » 債務整理の種類を紹介 » 自己破産

自己破産

債務整理の1つ、自己破産について解説します。

自己破産とは

レクチャーする弁護士のイメージ画像

自己破産とは、裁判所に破産を申し立てることで、借金全額を免除してもらうという手続きです。自己破産は、財産や収入の状況などから、将来的な返済が不可能であると裁判所に判断されることで認められます。

『借金がなくなる』というのは大きなメリットですが、一方で、財産だったり社会的信用だったり、失うものも少なくありません。

自己破産のメリット・デメリット

自己破産のメリットとしてもっとも大きいのは、借金がなくなることです。また、自己破産の手続き中は、差し押さえ等の取り立てがストップすることも、利点と言えるでしょう。

その他、自己破産をしてもある程度の資金(20万円以下)は、手元に残すことができます。経済的にまったくのゼロになってしまうわけではない、というのもメリットと言えるでしょう。

デメリットとしては、住所と氏名が官報(政府の機関紙)に掲載されてしまうこと。また、最短でも5年以上は、借り入れやクレジットカードの作成ができないことなどが挙げられます。

手続きの流れ

自己破産の手続きの流れは、以下の通りです。

  1. 相談…弁護士・司法書士に自己破産の相談をします。
  2. 受任通知…弁護士・司法書士から、借金をしている金融会社に受任通知と債権調査協力の依頼が送られます。通知が到着以降、取り立てがストップされます。
  3. 必要書類の準備…自己破産の申し立てに必要な書類を用意します。
  4. 自己破産の申立…裁判所に書類を提出します。
  5. 免責決定…裁判所に申し立てが認められると、借金の返済義務がなくなります。

自己破産に掛かる費用・期間

自己破産の費用は、案件や依頼する司法書士事務所・弁護士事務所により異なります。だいたい20万~60万円ほどは見ておくとよいでしょう。

期間については、ほかの債務整理と同じく、最短で3ヶ月、長くても半年くらいです。

個々のケースで必要な費用や対応などが違ってくるため、とにかくまずは専門家に相談して、方針を固めることが大切です。

債務整理に強い法律事務所は?【名古屋編】