任意整理

債務整理の1つ、任意整理について解説します。

任意整理とは

レクチャーする弁護士のイメージ画像

任意整理とは、司法書士や弁護士などの専門家に間に入ってもらい、払いきれない借金を何とか支払いができる金額や返済方法に調整してもらう手続きです。

たとえば、金利をなくしてもらったり、債務総額や月々の返済額を減らしてもらったりということができます。また、仮に不当な高金利で返済を行っていた場合、適正金利からはみ出た分を今後の返済にあててもらうといったことも可能です。

裁判所などが関与しない比較的小規模な手続きであるため、いくつかある債務整理の種類の中でも、最も案件数が多いとされています。現在はまだ借金の返済ができているけれど、なかなか完済の目処が立たない場合などにも選択されることが多い方法です。

任意整理をした後、残った借金については3年から5年ほどで完済を目指す形になります。言い換えれば、5年以内で完済できる可能性の低い借金を任意整理で債務整理するのは難しいといえるでしょう。

月々の返済額については弁護士が依頼者の希望を聞き、無理のない範囲で交渉を行ってくれます。

それから、返済を続けていく債務整理の方法ということもあり、現在仕事での収入が安定している方でなければ選択できません。年収はそこそこあるものの、月収が10万円の月もあれば100万円の月もあるといった状態だと認められにくくなるのです。

借金の返済を続けていかなければならないのか…と思った方もいるかもしれませんが、任意整理をしたからこそ完済までの道程がはっきりした方も多いです。 また、争う金額が一件あたり140万円以内のものであれば弁護士ではなく司法書士に代理を依頼することも可能となっています。

任意整理は特に債権者が不当な金利を設定していた場合に大きな効果を発揮する債務整理の方法ではありますが、利息制限法の上限金利内の金利を設定していた場合に全く効果がないわけではありません。

弁護士の交渉により金利をなくしてもらえるわけなので、かなりの違いがあります。弁護士を通さずに自分だけで交渉して金利をカットしてもらえれば同じ効果が得られるのでは?と思う方もいるかもしれませんが、債権者は素人の意見には耳を貸してくれないので、弁護士や司法書士を通さずにこういった交渉を行うことはほぼ不可能だと思っておきましょう。

任意整理のメリット・デメリット

任意整理のメリットとしてもっとも大きいのは、完済までの期間が早まる(返済額が減る)ことです。手続きを行うと、基本的に将来支払うはずだった利息が免除されるうえ、債務総額も減ります。

毎月借金を返しているものの、なかなか減らない…と悩んでいる方も多いはず。この大きな原因は返済をしている大部分が利息分に消えていることにあります。 任意整理が認められれば将来利息がカットされるので実際に返済しなければならない金額は大幅に少なくなるのです。

それから、任意整理の場合は自己破産と違って整理する借金を選ぶことができます。つまり、整理すると保証人に迷惑がかかるような借り入れがある場合、それを候補から外して整理できるのです。 保証人に迷惑がかかることが気がかりで債務整理できずにいた方でも選択できる方法だといえるでしょう。

また、ローン返済中のマイホームがある場合、それを候補から外すことによりマイホームを失うことなく借金が整理できます。

自己破産をした場合は一定期間特定の職業に就けなくなるデメリットがありますが、任意整理の場合はそういったものはありません。

一方、任意整理のデメリットは、金融会社からの借り入れが5年間できなくなってしまうことです。また、自己破産や個人再生といった手続きに比べて、減額できる金額もそこまで大きくありません。

また、任意整理がどのような形で決着を迎えるかは弁護士の実力によるところも大きいです。交渉の上手な弁護士を選択できればその分有利な条件で話し合いを進めていくことができます。

弁護士の交渉がうまくいかなかった場合には完全に金利をなくしてもらえなかったり、話し合い自体が破綻に終わることもあります。例えば、月々の分割払いには応じるものの、将来利息のカットはNGとするところも少なくありません。

任意整理が成功するか否かは依頼をする弁護士にかかっているといっても過言ではないでしょう。任意整理は強制的な債務整理ではなく、あくまで債権者との話し合いで両者が納得する折り合いを付けていく方法です。弁護士に依頼したからといってこちらの主張が100%通るわけではないのでその点は注意しておかなければなりません。

それから、債権者の会社の方針として任意整理の希望には一切応じないと決めているところもあります。この場合はいくら実力のある弁護士にお願いしたとしても任意整理できない可能性があるのでデメリットとして押さえておきましょう。これらのメリット・デメリットをしっかり踏まえたうえで、手続きをするかしないかを判断していくことが大切です。

債務整理問題に強い名古屋の法律・弁護士事務所を
一覧で紹介しています

手続きの流れ

続いて、任意整理の手続きの流れを見ていきましょう。

  1. 相談…司法書士事務所や弁護士事務所に相談をし、債務整理で受けるペナルティや、手続きに必要な期間の見通しなどの説明をうけます。
  2. 受任通知…借り入れをしている金融会社に受任通知を送り、取り立てを止めてもらいます。また、同時に債権に関する調査も行ってもらいます。
  3. 引き直し計算…金融会社から取引の明細をもらい、法定金利に収まっているか計算し直してもらいます。
  4. 和解交渉…再計算された返済額を、将来的な利息を免除してもらったうえで分割払いするという形で和解交渉を行っていきます。
  5. 和解成立…和解が成立したら、和解契約書をもらって、所定の支払日から返済を再開します。

任意整理に掛かる費用・期間

任意整理の費用ですが、これは相談する事務所によって異なります。本当に大まかな目安ですが、着手金・報酬金としてそれぞれ1社あたり3万~5万円を見込んでおくとよいでしょう。

ちなみに、多くの事務所では、複数の会社から借り入れがある場合に1社あたりの費用を割引するという料金設定を行っています。期間についても、案件によるため一概には言えません。ただ、他の手続きに比べて、比較的短期間で済むことが多いです。目安としては、3ヶ月~半年くらいと考えておくとよいでしょう。

いずれにせよ、まずは自身のケースでどう行動すべきかを把握することが大切です。最近は、相談だけなら無料で対応してもらえるところも少なくありません。とにかく、早めに任意整理をはじめ債務整理に強い法律事務所に相談されることをおすすめします。

債務整理に強い法律事務所は?【名古屋編】